函館を中心とした道南の矯正歯科医のブログ

orthoortho.exblog.jp ブログトップ

インビザライン10th (2015)

今日はインビザライン10thフォーラム(東京)に出席してまいりました。

マウスピース矯正の一種であるインビザラインの日本上陸10周年という節目を迎え、記念セミナーが開催されました。
そして、国内外の著名なインビザラインドクターがご講演されました。
インビザラインはマウスピース矯正の中でもっとも質の高い矯正治療法だと思っています。
他のマウスピース矯正は軽度な症状にしか対応できないのに対し、難易度の高いに症状にも対応できます。次世代型の矯正治療法と言っても過言ではありません。
莫大な研究資金をつぎ込み、毎年毎年イノベーションがなされ、目覚ましい進化をし続けています。

今回のフォーラムの最後に、インビザラインが日本に導入されていない時からアメリカ直輸入でインビザラインに取り組んでこられた昭和大学歯学部矯正科教授の槇教授がご講演されました。

テーマは「矯正歯科の未来」

槇先生のご講演は、脱線ありの、豆知識ありの、いつも楽しいお話しで、おもいっきり引き込まれてしまいます。今回も期待を裏切らずとても愉快で刺激的なご講演でした。めちゃくちゃエキサイティングな講演で、一日いっぱい受けていたいぐらいです。

枠にとらわれない柔軟な思考、そして姿勢が非常に素晴らく、尊敬しています。

ご講演の中で、先生は、出席者に質問を投げかけられました。

「インビザラインには、矯正歯科の診断知識・技術やワイヤー矯正の技術は必要ないと思っている方は?(挙手を)」と・・・

誰も手をあげません。

当然のことです。
患者さんの歯型データをメーカーに送ってマウスピースを作ってもらって、それを単に患者さんに渡しさえすれば治療が上手くいく、

なんてありえない!

インビザラインは矯正歯科の知識・技術を十二分に体得している矯正専門医でないと
十分に使いこなせないと考えています。インビザラインはそんなに簡単な治療法ではありません。


しかし、怖いことに、手軽で簡単だろうという浅はかな考えでインビザラインや色々なマウスピース矯正を手掛ける方々は少なからずいると思います。

逆に矯正専門医でワイヤー矯正に精通している歯科医であればあるほど、マウスピースで矯正なんてできるわけがないと頭から否定して積極的に取り組まない方々が多いです。インビザラインを客寄せパンダにしているだけのところも?
これもまた問題ではあります。下手をすると日本は世界から取り残されてしまいかねません。

人は悲しいかな、変化を恐れ、忌み嫌い、安定を好むものです。
現状に(経営的に)不満がなく、今の診療に満足していてる方は、新しいものやハードルの高いものにあえて取り組もうとはしないものです。

しかし、私は違います。(いつの頃からか?気づいたら)
今に安住しているなんてつまらない!
常に今より優れたものはないかアンテナを張っています。
そして「楽なもの」はないかと・・・
このことは槇先生も今回おっしゃっていました。
楽と聞くと手抜きのように思われますが、そうではなく、効率を上げるということ
常にどうすれば時間短縮に、効率的にできるのかを日々考えています。
それは矯正医である私、スタッフのみならず患者さんにも恩恵がもたらされます。
診療時間・待ち時間は短い方がいいですよね?
治療期間が短いほうがうれしいですよね?
歯の痛み・違和感は少ない方がいいですよね?
ついでに見た目がよい装置のほうがいいですよね?
装置に食べ物がはさまる不快感はないほうがいいですよね?
歯磨き・お口のケアがしやすいほうがいいですよね?
などなど

インビザラインのようなマウスピース矯正が矯正歯科界を席巻し、いつの日かワイヤーで歯を動かしてた時代があったよねと懐かしく思う日がくるのかもしれません。
それは私が生きている間に来るかどうかはわかりませんが…

#羽田空港内ホテルなう#

PS. 
いつも言っていることですが、インビザラインの知識はワイヤー矯正などほかの矯正治療法に役立つものがありますし、逆も真なり。
裏側矯正を知ることは表側矯正にも通じるものがある。
様々な矯正治療テクニックに精通することはすべての治療技術の向上に役立つこととなります。

ふるた矯正歯科
http://www5.ncv.ne.jp/~fur/





[PR]
by orthoangle | 2015-11-03 22:26 | 歯列矯正 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://orthoortho.exblog.jp/tb/24893826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

地方の矯正歯科医の平凡な日々を徒然なるままに書き留めます


by orthoangle
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30