函館を中心とした道南の矯正歯科医のブログ

orthoortho.exblog.jp ブログトップ

2016年総括

2016年も残すところあとわずか。

2015年は緊張感があり耐え忍ぶ1年だったのと対照的に、2016年は、穏やかで冷静でいられた1年でした。

ハード、ソフトともに着実に進化できたという実感がもてた1年でもあり、落ち着いた気持ちで年末を迎えることができています。


2016
年進化の総括

1 矯正用口腔内スキャナー導入(北海道初導入)

2 診療室・バックヤード(技工室など)リフォーム

3 ユニット(治療イス)4台目投入

1 口腔内スキャナー → 前ブログ(リンク)


2 バックヤード、つまり、患者さんがあまり目にすることのない、片付け、滅菌・消毒や装置を調整したりするエリアの改修で、診療の無駄を省き、効率化や時短につながる進化をもたらしました。地味ですが重要な進化です。


3 はじめは予備としての4台目ユニットだったんですが、今は普通に使っています(汗)私の処置や確認が必要な場面が重なると、ユニットの上で、若干お待ちいただくことがありますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。 →前ブログ(リンク)


1,2,3弾ともにハード面の進化です。公表はしませんが、ソフト面の進化も当然あります!


2016
年は、セミナーや学会にも、しっかりと出席〔13回(海外1回を含む)〕でき、そこで得られたものを診療に生かし、医院全体のレベルアップも出来きたと自負しております。

セミナーや研究会では、講師からの生の最新情報を得て、そして、自分の診療の検証(問題点や妥当性・優位性の確認)をするだけではなく、それと同等、もしくは、それ以上にその会に出席されている矯正医との会話からも、非常に貴重な情報を得ることができます。

時間をさき、場合によっては休日を返上して、朝から夕までの長時間、そのような勉強会に出席する矯正医は、自分を含めてめちゃくちゃ矯正歯科が大好きな方々なので、すぐに意気投合しちゃいます。普段、一人で考えていて煮詰まっていることも、色々な矯正医と情報交換することによって、ハッと気づかされることがあったり、新しいアイディアが浮かんだりします。化学反応のようなものが起こるのです。また、自分の診療の妥当性や優位性を確認できたりもします。

いつも出席している矯正医は大体同じで、今では、東京、金沢、千葉などで開業している同じ出身大学ではない矯正医仲間が増え、仙台や静岡の後輩などと共に、毎回、数多くの矯正医と会えることが非常に楽しみとなっています。(残念ながら、道南では、つっこんで矯正歯科を語り合える矯正医がいないもので・・・)

来年も『ふるた矯正歯科』のステージをひとつ上げていくつもりで頑張ってまいります。

すでに重点テーマはいくつかあがっており、スタッフ共々しっかりと取り組んでいく所存です。

地方に居ながらにして、
 上質な歯列矯正をご提供できるように・・・

立ち止まること、今に安住することは、
後退を意味します。
現状維持ではありません。

時は常に進んでいます。

人並みに努力して、やっと現状維持、

進歩・飛躍を望むなら、誰よりも努力し、
上をみあげて前進あるのみ!


矯正治療に入られる患者さんも年々増えております。

ふるた矯正歯科を信じ、選んでいただき、とても感謝しております。

そして、当院を、そして私を日々支えてくれているスタッフにも感謝です。

2017年も皆様方のご期待にお応えできるよう日々精進、進化してまいります。

来年も引き続きよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。



[PR]
# by orthoangle | 2016-12-31 11:30 | 人生 | Trackback | Comments(0)

矯正用スキャナー ~ 2016年進化第1弾 

2016年ふるた矯正歯科の「進化第1弾」、それは


 矯正用の口腔内スキャナーの導入


口腔内スキャナーとは、
カメラやビデオ撮影のように歯型データを記録するスキャナー機器のことで、次世代型歯科治療機器です。


いままで、シリコン印象材という時間がたつと固まるトロトロな粘土のようなものを使って精密な歯型をとり、かぶせ物などを製作していたのですが、口腔内スキャナーを用いることによってを短時間、かつ、比較的楽にシリコン印象材より精度の高い歯型(実際は歯型データ)が取れるようになり、粘土で歯型を取られるのが苦手な方には大変うれしい時代になりました。


今年20163月当院では、
矯正用口腔内スキャナー
北海道初導入を果たし、
インビザライン(マウスピース矯正の一種)」の治療の品質・精度向上を実現することができました!


c0146098_23233624.jpg

当院で採用しているこの高性能マウスピース矯正

 「インビザライン

とは、患者さんの歯型データを取り込み特殊なソフトを用いて歯の移動シミュレーションを行い、インターネットを介し、治療計画を立て、CAD/CAM 3Dプリンターなど最先端技術を駆使した手法でマウスピースを製作するといった次世代型の歯列矯正です。ほかのマウスピース矯正とは異なり、インビザラインではこの歯型データを取る際に、矯正用口腔内スキャナーを利用することができます。


矯正用口腔内スキャナーを用いることにより、得られた歯型データはインターネットを介して瞬時に転送することができるので、治療計画を完成させるまでの期間やマウスピースを製作するまでの期間を短縮できます。また、シリコン印象材(歯型をとる粘土)より精密なマウスピースを製作することができます。

世界では口腔内スキャナーや3Dプリンターなどの最先端技術を駆使した次世代型の歯科治療、矯正治療が進んでいる中で、悲しいかな日本は非常に後れを取っています。

世界のメーカーからは数多くの口腔内スキャナーが販売されているのに、日本において矯正歯科治療に使える口腔内スキャナーはたった2種類(条件付き1種含む)・・・


このままでは日本は世界に取り残されそうな感じをここ数年強く感じています。


HP ふるた矯正歯科 医)志








[PR]
# by orthoangle | 2016-11-27 23:46 | 歯列矯正 | Trackback | Comments(0)

日本一!2016

北海道日本ハムファイターズ
日本シリーズ優勝おめでとう!

今シーズンは神がっかていました!
カープも神がっかていましたが、それを上回りました。

栗山監督の神采配。
ドンピシャでした‼

第6戦
6点を取ったあの回、
中島のヒットを呼ぶ西川の揺さぶり
影のMVP岡(私はそう思います!)のつなぐヒット
中田の打席でネクストバッターズサークルに大谷
バースをそのまま送り込んでのタイムリー
仕上げはレアードの満塁ホームラン

今シーズンの締めくくりにいいものみさせていただきました。
良い年を越せそうです(笑顔)
感動をありがとうございます!





[PR]
# by orthoangle | 2016-10-30 08:01 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

歯は磨いてはいけないの?

今日10/10の北海道新聞の1面にセンセーショナルな題名の書籍の広告が載っていました。

 『歯はみがいてはいけない』

みなさん、ぜったい勘違いしないでくださいね。
実際、歯磨きは大切ですし、本の中で歯磨きを完全否定しているものでもありません。
目を引くような題名にして売り上げをのばそうとしているだけのことです。
この本を読まない人が題名だけで勘違いしてしまうのではないかと少し心配です。
お口のケアの大切さを述べたものですが、別段、歯科医としては驚きもない話です。

気になったのが、重要なことがこの本ではほとんど述べられていないことです。
それは酸蝕歯のお話しです。逆に、酸蝕歯を助長するようなアドバイスもありました・・・

虫歯とは、虫歯菌が出す酸で歯が溶けてしまうこと
酸蝕歯とは、酸性度の高い飲食物で歯が溶けてしまうこと。
酸蝕歯は数年前、TVの健康番組でたくさん取り上げられていました。

今まで虫歯といわれていたものに酸蝕歯が多数含まれていると診療を通して感じております。
明らかに歯垢があまり歯面についていないのに、歯が溶けている患者さんがいることに10数年前に気づき、
それ以来、酸蝕歯には注意していただくように患者さんや患者さんのご家族にしつこくご説明しております。
それによって相当の率で矯正治療中の歯のダメージ(虫歯、酸蝕歯)は防ぐことができています。

また、その本ではスポーツドリンクの問題点を指摘していましたが、虫歯の原因となる糖分の多さを問題として取り上げていましたが、
わたしは酸蝕歯の予防として、スポーツドリンクを控えていただくよう注意をしております。
喉が渇いた時には水や麦茶など、糖分の入っていない、酸性度の低い(中性~アルカリ)飲み物を取らないと歯が溶けてしまします!
歯は基本的に唾液に浸されており、安静時には守られています。
食事のときは咀嚼によって唾液がたくさん分泌されますが、喉が渇き、お口の乾燥したときは唾液のガード(緩衝)がありません。

おとながお子さんの歯を守る秘訣として

・幼少期に虫歯菌をお子さんへうつさない
・歯垢を作るような食習慣(だらだら食いなど)はなるべく避ける
・酸性度の高い飲食物はお口の乾燥時に取らない

などがあげられると考えております。

これはとても大切なポイントです。(ほかにもありますがこれはお手軽かつ最低限のポイント)
炭酸やジュース、甘いお菓子など絶対食べないということは今の時代絶対無理です。精神衛生上もよくないです。
それゆえ、歯に悪い飲食物を取るタイミングや量、その後のお口のケアで対応していかなければならないと考えております。
それが現実的な対応です。
みなさん、酸蝕歯にはくれぐれもご注意を!

また、本の中で取り上げられていた
歯みがきは食後すぐ磨くべきか?時間をおいて磨くべきか?
これは意見が分かれるところでどちらの言い分にも一理あり、どちらかよいとは言えませんが話が長くなりそうなので今回はここでやめときます。

一言、
今日の常識が、明日の非常識になることはこの世の中、山とあります。
くれぐれもご注意を・・・






[PR]
# by orthoangle | 2016-10-10 18:48 | | Trackback | Comments(0)

2016リーグ優勝!

2016リーグ優勝!おめでとう!!

久々のリーグ優勝ですね!
ソフトバンクとの最大11.5ゲーム差をひっくり返すミラクルな優勝!
大谷翔平で優勝を決めるなんて!emoticon-0102-bigsmile.gif
スカッとして、ストレスが吹っ飛びます!

なんといっても
大谷選手の活躍抜きに考えれません。
また、増井投手の先発転向が功を奏しましたね。
西川選手、レアード選手の好調も!

大谷選手の投打共にみたいですが、どっちつかずになってしまい、成績が残せません。
記憶の人になってしまいます。

 二兎を追う者は一兎をも得ず。

みんなも思っているとは思いますが、
個人的には投手専念でがんばっていただきたいと思っています。
でも、打ももったいないなあ~ああ、悩ましい・・・



[PR]
# by orthoangle | 2016-09-28 21:01 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
line

地方の矯正歯科医の平凡な日々を徒然なるままに書き留めます


by orthoangle
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31